横浜エリアの不動産のご売却・ご購入専門店 横浜すまいLife

ロゴが入ります。
トップページ > 探し始めるとき > 購入前にしたい準備

購入前にしたい準備

住宅ローン

住宅ローンの事前審査をおすすめします

もし、良い物件がみつかったら、売主様に”購入の申込み”をする事になります。
申込書を受け取った売主様は、ほとんどの場合「住宅ローンの借入は大丈夫?」とお尋ねになります。
理由は、”ローンが組めないお客様”と契約しても、後で”ローン特約”などで白紙解約になってしまうからです。
そのため、売主様によっては”事前審査を通過しているお客様”でないと、お申し込みを受けない場合もございます。
事前審査の手続きはとても簡単で、必要書類もすぐに手に入るものばかりです。
詳細については知っておきたい住宅ローンでご覧ください。

手付金がないと契約できません

不動産の契約をするときには、契約時に売主様に対して”手付金”を預けていただきます。
もし、買主様の一方的な都合で契約を解除された時には返さなくてよいため、この金額が大きいほど売主様は安心できます。
そのため、ある程度高額でないと意味がありません。
一般的には売買代金の5%~10%ぐらいが慣例となっていますが、50万円くらいのある程度まとまった金額でも受けてもらえることもあります。
ですが、そこまでご用意できない場合は、売主様との交渉は難しくなります。
申込時に、住宅ローンの事前審査の結果を提示するなど、交渉するための対策を立てておくことが必要ですので、なるべく早めにお伝えください。
なお、お引渡しまで無事に終わったときには、”代金の一部として支払い済みの金額”として扱われます。

自己資金はあった方が有利です

不動産を購入するときは、物件価格以外に”諸経費”が必要になり、一般的に”物件価格の3~9%くらい”の金額になります。
この諸経費を自己資金でご用意いただけない場合は、銀行で”諸費用ローン”として借入することもできます。
ですが、審査がとても厳しくなりますので、なるべく自己資金でご用意いただくこと”をお勧めしております。

他の会社でのご見学

弊社以外の業者様と見学をされて、気に入った物件があったときに、もしその業者さんに”購入の申込書”を提出してしまったなら、その業者さんでご購入いただかないといけなくなります。
もし、お手続きに関すること等、ご心配がございましたら、お申込みをする前にご再考ください。

未公開物件の取り扱い

市場に売りに出されている多くの物件については、不動産業者に対して物件情報が公開されています。
ですが、中には”仕入れたばかりの物件”や”企画中の物件”など、一般に情報が出ていない”未公開物件”と言われるものもあります。
もし、「未公開物件だから他社で扱えません」などと言われた物件でも、弊社で取扱い出来ることが多々ありますので、ご相談ください。

上へ